株式会社 酒商山田

宝剣(ホウケン)=オウケン?

昨週日曜日、CLUB活動の一環として京都競馬場へ菊花賞観戦に行ってきました。
以下は作り話でなくこの内容は事実です。予想も兼ねて毎回移動の車中へお酒を持ち込むのですが、今回のお酒は宝剣=ホウケン→オウケン、オウケンブルースリというネタで勝負。1番人気ですし面白くはないのですが結果は1着、2着3着が穴で勝ちにつながらなかったのは残念でした。
宝剣の純米酒は飲み口のしっかりした、旨みも乗りキレの良いお酒で、車中気持よく堪能させてもらいました。その勝ったオウケンとイメージが重なる部分があります。後脚、お尻のところの筋肉にたくましさがあり、首をあげて堂々と歩く姿は、一本筋の通った杜氏の土井さんのお人柄、そして酒質に通じるところがあるように感じます。キレる差脚、それも長く使えるいい脚は、後口のキレ、開栓後も変化のしにくいお酒という部分にダブります。
その土井さんもすでに蔵入りされ、今月末には新酒が出荷予定でこちらも楽しみです。

今回の観戦のもうひとつの楽しみは、夏の小倉で出会ったノアウイニングの出走。偶然にも日にちが同じになり、あの可愛い女の子にも会うことができました。今回は2人引きで、馬は少しお腹のあたりが丸くなり落ち着いた感じ、そのせいかレースは見せ場なく後ろの方でのゴールでした。次走でどう変わるかまた追いかけてみたいですね。