株式会社 酒商山田

今年もあとわずか

今年もこの時期がやってきました。明後日は有馬記念です。
今年のテーマは2着馬に栄光あれです。なぜか、今年自分が参加したきき酒競技会が2回とも2位だったため、そのうえ社内ボウリング大会まで準優勝であったため、悔しさを糧に1番になる喜びを味わってもらいたいからです。
メンバーを見渡して連続2着の馬は2頭、カワカミプリンセスとフローテーションが該当します。騎手を見ると、前者には最強ディープインパクトに最も迫った日本人、横山典弘。後者は国内の競馬で唯一ディープを負かしたC・ルメール、魅力を感じます。フローテーションの母の父にリアルシャダイの名前が見えます。秋、菊花賞観戦に行った折、ライスシャワーの慰霊碑に足を運びました。ライスシャワーは私の最も印象に残る好きな馬で、宿敵にどうしても勝てず、2着、2着の後に菊の大輪を勝ち取りました。その父はリアルシャダイです。
フローテーションは菊花賞2着、その時勝ったオウケンブルースリはジャパンカップで好走しており、この世代が弱いとは思えません。連続2着はフロックではできない実力のある証、そして馬の成長力に1票を投じたいと思います。ライスシャワーにダブらせ、そしてまた自身も1番になりたいとの願いをこめて。
ところで気になるのは、自分の3回の2番のうち2回を女の子が優勝を持っていったこと。ということはやはりダイワスカーレット、前走で最も悔しい2着をしていますからね。
2位に満足するのか、上をめざして闘志をもやすのか、最も思いの強い勝者にふさわしいところへ神様が微笑んでくれると良いのですが。