株式会社 酒商山田

喜久酔 松下米50

先日、喜久酔の純米吟醸松下米50の方を飲む機会がありました。一緒に飲んだお酒が、香りのある入手困難な某有名銘柄の大吟醸だったのですが、それと比較しても負けていない存在感のあるお酒でした。
香りは穏やかですがほのかな吟醸香があり、口あたりはまろやかで線の細さを感じさせない力強さもあります。ゆっくりとあせらずに熟成させているのかなと思われます。以前、青島さんが「酸が少なく、味わいの幅の狭い静岡型のお酒でいかに主張していくか」と言っておられました。このお酒には後口のキレの部分を補う、跳ねるような生き生きとした感触があります。
全体の流れはきれいなタイプですが、味わっていくと奥の深いお酒です。