株式会社 酒商山田

雨後の月 純米大吟醸 愛山

前回、新月を引き立たせるために脇役にしてしまった「愛山」ですが、このお酒もすばらしい味わいをもっています。相原社長の言葉を借りると「お米のパワーを感じるお酒」。
かなわさんの会では、後半から締めをこのお酒で通そうと選択していました。飲んで、食べて出来上がってもこのお酒の香味なら存在感があり、飲み続けられるだろうとの意図からです。あわせた料理は「なす床節」「蛸とろろ」「かき天そうめん」といったところで、ややうすめの味のものにこのお酒の品の良さは良く合います。そして、お酒の温度が上がってくると、お米の甘さが際立ち、実際に料理が下げられても、お酒だけで楽しんでおられる方がかなりいらっしゃいました。香り、旨さ、そして酸のバランスがとても良いと思います。前半で大吟醸やその斗瓶取りも出したのですが、後半に持ってきても見劣りがしません。新月で盛り上がりましたが、やはりこのお酒のこの価格にはそれに見合う価値があります。