株式会社 酒商山田

中国5県きき酒競技会

一昨日、松江で行われました、日本酒造組合中国支部主催の中国5県のきき酒競技会に、広島県の選手の一員として参加してきました。結果は団体で広島が優勝、個人の部で私が1位をとらせていただきました。
今回のきき酒の自分の中でのテーマは、いかに1つのお酒から多くの特徴を把握できるかということ、を考えて臨みました。マッチングだけなら、最も特徴的なところをとらえておけばある程度はいけるのですが、複数の審査員で作られる標準位を合わせるには、その方の個性、嗜好も反映されるのでこちらもトータルにきき酒できないとなりません。結果は最高の形で出すことができましたが、お酒の講評を聞いた時に、「あっ、ここは自分は把握してなかった」というところがありましたので、まだまだ向上の余地ありと感じています。競技会の形式は、時間内なら何度も利くことができますが、実際の現場ではそうはいかない場合があるので、常に自分のレベルを同じにしておいて瞬時に判断できる力は付けたいと思います。
ともあれ、今回は気持ち良く帰ってくることができました。松江の夜は島根のお酒をたくさん飲ませてもらいましたよ。