株式会社 酒商山田

時には香り系

賀茂金秀の金光酒造さんの大吟醸(大吟醸は「桜吹雪」ブランドで出されています)、とてもいいです。全国新酒鑑評会で金賞受賞されたお酒と同じ仕込みのもの、春には生での出荷でしたが現在は火入れとなっています。
何がいいのか、なんといっても芳香の心地よさです。リンゴ様の華やかさがあるのですが、熟れた重厚な香りでなく、白桃様の上品さや爽快さを感じるためか「もうごちそうさま」でなく「もう一杯いけるかな」というタイプに感じます。前菜で合わせて食事の後半に締めのもう一杯、でも大丈夫かなと思います。(自分が香り系が好きだからかもしれませんが)
お酒が火入れになっているところがポイントで、生だと香りがピークを過ぎ、味に甘みが出すぎてバランスがくずれる可能性があります。が、今のお酒はまだ少しシャープな口あたりがあり溌剌とした印象がありますから、暮れからお正月にでもひと味違ったおいしさが楽しめそうです。ひと夏超えた大吟醸のひやおろしといえるお酒、いかがでしょうか。