株式会社 酒商山田

梅酒の新酒

旭鳳酒造のおかみさんの梅酒が新酒に変わりました。昨年と同じ仕込み配合ながら、今年はいい梅を使用したためか、きりっとした酸が効いています。甘さは控えて日本酒ベースであることを強調していきたいとのことです。思い出したのが、梅は100日を目安に引き上げるということ、あまり引っ張ると苦味が出るためです。
さて、わが家の梅酒が気になって、昨日、梅を引き上げてみました。中の梅はエキスを吸ってぱんぱんの状態、しわしわのはほとんどありません。味はというと、自分の評価では昨年のものより香りに甘さが残り、甘味も酸味もまずまずかと感じます。少し苦味があるのは引き上げを伸ばしすぎたからでしょうか(約4ヶ月)。
もう少しそのままにして、今度は梅の中の成分が出てきて梅がしぼんだ時どうなるのだろうか?。試してみるべく小瓶に大きくふくらんだやつを数個取って、わずかの氷砂糖と出来た梅酒を少しいれて様子をみることにしまた。さてどうなることでしょう、もう少し楽しませてもらいます。