株式会社 酒商山田

亀齢の日

お正月、誕生日、年度変わりと同じくらい酒商山田にとって大切な日があります。それが亀齢の新酒きき酒の日。ここでその年の入魂純米「山」のお酒が決まります。今年は先週、2月3日がその日でした。
今年は米が硬くて溶けにくいといわれる中、例年に負けない悩ませる
3点のお酒がそろいました。スタッフ全員で真剣にきき酒、討論しながら「入魂らしさ」をアピールできる1点を選択しました(あとの2点もそれぞれに特徴があり、販売するシーンを思い描けるいいお酒だったのですが・・)。熟成を待っていいタイミングで春に登場する予定です。
新酒を待つわくわくする気持ち、スタッフのそれぞれの好みや個性が発揮される時、そしていいお酒に出会えた喜び等等、とても充実した時間でした。