株式会社 酒商山田

米の力

先日、大吟醸クラスの出品酒をきき酒した際に、鑑定官の方より「これ、典型的な今年のタイプですね」とのコメントされたお酒がありました。「香りも良く後口もきれいでいいんだけれど、何か味が足りなくてさみしくないですか」ということです。私の感想は香りよくきれいなお酒だが、若い、シブ残るとメモしていました。今年の米は硬くて溶けないからこういったお酒になるということなのでしょう。時間を経て、若さやシブがなくなった時にしっかり旨さがでてこないのかもしれません。米の出来というのは非常に重要な要素であることをあらためて認識させられます。
金光酒造の金光さんが今年の造りを振り返られて、やはりこの米質に苦労されて充分に旨さを引き出せなかったことを言われていました。そんな中で久しぶりの復活、山田錦の純米吟醸がやってきました。今年の仕込みの中では1、2の出来ということで楽しみに試飲させていただきました。きれいで澄んだ感じの味なのですが、線の細さがない芯の入ったような酒質です。八反錦より口当たりがしっかりとして、雄町よりは上品さを感じます。
さすがに自信作、山田錦の持つ潜在能力を発揮させているお酒だと思います。香りは今年より統一された酵母によるあのジューシィで心地よい果実香で、香味の調和がとれていてけっしてさみしさを感じない仕上がりです。現在は生酒ですが火入れに切り替わってからも長い目で楽しんでみたいものです。