株式会社 酒商山田

防火管理者講習その1

画像

今日は防火管理者講習会に行ってきました。
防火管理が義務付けられている防火対象物について権原(この字で間違いなく「原」と書きます)を有する者は、防火管理者を定め、防火管理上の業務を行なわせなければならないとの消防法があり、受講となったものです。
この講習会はなかなか予約が取れず、昨年の夏前から半年以上待って今日の受講となりました。
会場は安佐北区倉掛の広島市総合防災センターで102名の受講者がありました。
今日と明日の2日間、終日講習が行なわれます。
途中「煙の中を壁つたいに歩く」訓練もありました。
今回は体に害のない「エチレングリコール」という溶剤を煙にしたとの事でしたが、30センチ先が全く見えない状況の中を壁つたいに15メートル程歩き、屋外にでました。
煙は立てには1秒間に3m~5m上がり、横方向には50cm進むとの事でした。
煙は上にこもって上昇する為、背を低くし50cmくらいの屈みながら進むと有害な煙を吸わずに避難できるようです。
このような講習会では居眠りする人も多いと思われましたが、意外や意外、皆さん真剣に受講されていました。
明日はテストもあるようです。
しっかり勉強して事業所や地域をまもる責務を果たそうと思います。