株式会社 酒商山田

松山マドンナ・ぼっちゃんの会

画像

場所は道後の「にきたつ会館」。
お酒はもちろん、料理も満足のいくものでした。

お酒は、十四代純米吟醸八反錦、賀茂金秀純米吟醸千本錦、勝駒大吟醸、田酒純米大吟醸山田錦45%、喜久泉大吟醸「善知鳥」、雨後の月「微紅」、黒龍純米大吟醸「八十八号」、豊盃大吟醸つるし酒、天狗舞中三郎、十四代中取り大吟醸「山田錦」のラインナップ。当店以外からの商品もあります。

勝駒も久しぶりに飲みましたが、バランスのとれたいい酒です。
黒龍の八十八号は、13~14年ぶりでしょうか。
昔、直接の取引の時に、720mlと1800mlが数本入ったことを思い出しました。
お酒は当時「かんだ」さんに納入し、そこで飲みましたが、黒龍らしさがある上品な甘さがいいですね。
豊盃も取り扱いはありませんが、いつ飲んでも美味しい酒です。

田酒の山田錦45ですが、このお酒は田酒の中でも少し赴きが違い、品のある甘さとまろやかさは特筆もの。
価格も手ごろで西田酒造店の底力を感じます。
天狗舞中三郎はいつ飲んでも変わらぬ仕上がりの良さを感じます。
雨後の月の「微紅」は、食前酒としてお奨めしていますが、最初にキリッと冷やして「乾杯の酒」がよかったかなと思います。
喜久泉「善知鳥」は、田酒より軽快ですいすいと飲めるタイプで、やはり西田さんの造りのレベルを感じずにはいられない仕上がりでした。
十四代の2種類ですが、やはりこの会でも人気。
十四代特有のなめらかで品のある旨味がたまりません。
高レベルの大吟醸や純米大吟醸に混じって健闘していたのが、「賀茂金秀純米吟醸千本錦」。
価格は、3000円で一番安いお酒でしたが、ご参加の方の評判は上々。
初心者の方からも「美味しい!」との評を得ていました。