株式会社 酒商山田

亀齢酒造 西垣杜氏ご来店。

画像

亀齢酒造の西垣杜氏と森さんがご来店されました。
今年の皆造を終え、ご来店されました。
西垣杜氏の酒造りに対する執念は凄まじいものがあります。
清酒の状況が厳しいなか、西垣杜氏の造る酒は毎年人気が上がりつつあります。
西垣杜氏のお父様は名杜氏と言われた西垣信道杜氏。
昨年お亡くなりになりましたが、私は西垣信道杜氏の酒が好きで香川の悦凱陣の丸尾本店さんとお取引をお願いしました。
既に13年以上も前の事です。
悦凱陣では、西垣信道杜氏と昌弘さんが酒造りをされていましたが、10年前に丸尾本店退職後、親子お二人で亀齢酒造に入られました。
亀齢酒造では6造り信道杜氏が、その後4年前から昌弘さんが杜氏として酒造りをされています。
昌弘さんが実際に指揮を取られたのは6~7年前からですが、とにかく手を抜かない酒造りをされています。
酒造りに入る前は全員頭を丸めてから蔵入りです。
西垣杜氏の酒造りは「一麹、二麹、三麹」。

今年も旨い酒が出来上がって、順次出荷されています。
機会があれば、是非ともご賞味頂きたいと思っています。