株式会社 酒商山田

八海山の会にて 2

八海山の会の中で日本酒ベースの梅酒が出ました。これは市販されていないもので、甘くなくて酸味が強かったのでうけないだろうと思ったのですがさにあらず、おいしいの声がたくさん聞かれました。食事の途中で出てきたからか、あるいはお酒の強い人の集まりだったからか以外でした。
酸味は日本酒では目立ち過ぎると欠点になりますが、これがないとお酒がぼやけてしまいます。キレが良いとよく使います。香りと味のバランスにもよりますが酸味が適度に効いてないといけませんし、これがあるから次の一杯へ進めると思います。後口がきれいに消えて行くさばけのいいタイプも好みですが、新酒の時の含んだ時に広がる甘い果実香や甘味のあるお酒、それには何かキュンとくるような酸味があるといいですね。飲み続けるためには梅酒にしても日本酒にしても本能的に酸を欲するのでしょう。