株式会社 酒商山田

腕利き杜氏を囲み皆造を祝う夕べの会

昨日の腕利き杜氏を囲んで皆造を祝う会、実際に造っている人達と席を同じくして飲み交わすということで、いつもと違った流れで大変盛り上がりました。そんな中、少しずつお酒も飲みながら自身も楽しませてもらいました。気になるお酒の感想を少し話してみます。
まず亀齢ですが、今年の入魂純米、山になるお酒、とてもいい口当たりで旨いしさらに先々に期待を持たせる味わいです。この選択に間違いのなかったことが良かったと思います。
そして雨後の月、雨後晴水の新鮮な芳香とやさしい味わい、火入れのお酒のシャープな感覚とは違う生の良さがうかがえます。それから蓬莱鶴の純米吟醸のあらばしり、先日の大吟醸とは違った心地よい旨さ、さわやかを残してくれる余韻がいいと思います。前半はベテランの域に入った技を見せてくれる杜氏さん達、ほんといいお酒、ありがとうございました。