株式会社 酒商山田

腕利き杜氏を囲み皆造を祝う夜の会

夜の部は若手の杜氏さん達に変わり、お客様も相応に若い方々の集まりとなって夕べの部とはまた違った盛り上がりをみせました。ひと世代下の造り手さんが実力を付けて、切磋琢磨し競うようにいいお酒を送り出しておられるのは頼もしい限りです。
賀茂金秀の隠し球のお酒、いつどういった形で出されるのでしょう、楽しみです。宝剣の純米酒、火入れに変わってどうかなと思ってましたが、新鮮さを残してやわらかさが出てきておりとても好印象です。天宝一は新たに扱いとなるお酒ですが、全体的には濃厚な感じで含んだ時のふくらみがあり、雄町は特に後口に力強さがあります。瑞冠は杜氏さんが今年の山廃は自信ありの通り、数値で見ても辛口に仕上げずに、おりがらみのものには甘さも感じて旨いです。それぞれに個性の光るお酒達を楽しませていただきました。