株式会社 酒商山田

今年の天寶一

早いもので3月になってしまいました。このところ、お酒をひかえていましたから、なんか置いていかれたような気分です。そんな中、天寶一の新酒に惹かれるものがありました。
第一段の八反錦は、軽快さの中にも多様な味わいのある、飲むごとに新しく魅力の発見できるようなお酒でした。まだ若いのでまとまりがないのかなと思いつつ、これが落ち着いてきたら、また違った次元の味わいが楽しめそうです。
第二段の雄町は、昨年に比べて、やや固めで後口のさばけのいいお酒に感じます。雄町らしい力強さ、線の太さがあります。のど越しに行く前が、辛いな、という印象で後を残さず抜けていきます。酒質が強そうですし、熟成して固さがとれればさらにいいお酒になると思います。個人の好みからすると好きなタイプですね。
第3段は山田錦がやって来ます。どんなお酒なのでしょう。硬派のお酒のイメージからスカッと切れるタイプか、一変してやわらかい優しさをみせるのか、いずれにしても楽しみですね。