株式会社 酒商山田

セミつながりで

クマゼミは午前中しか鳴かないのか?、昨日は自宅近くの小山のセミの泣き声をチェックしてみました。
午前7時ころよりクマゼミは鳴き始めます。いつもはこの時間には自宅にいないので、クマゼミがいることをあらためて知りました。正午を過ぎると、確かに鳴き声が止みます。しばらくするとアブラゼミの声に切り替わります。このセミは暗くなるまで鳴き続けています。
夕方近くなり、遠くの山でツクツクホウシの声がしました。このセミが鳴くと夏休みも後半になったんだ、という印象があります。そして一番聞きたかったのがヒグラシの鳴き声。暑い夏の1日が終わろうとする時に聞こえる声は、何かほっとするものがあり郷愁を誘います。午後6時半から約1時間、
短い間しか鳴きません。数は少ないですがわが家の近くにはまだ棲息しています。
暑い暑いといいながらも明後日はもう立秋。セミの鳴き声が聞けるのも今のうち、体にはすこし辛くても盛夏を楽しんでおきましょう。