酒商山田

社長ブログ

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

社長ブログ

岐阜 小左衛門 中島醸造 訪問記

画像

昨年から取扱をさせていただいたいる岐阜の中島醸造さんに伺いました。
昨年からこの時期の麹室を見たかったからです。
何故?・・・・それは内緒です。
たしかに今回は来た甲斐がありました。
それにしても立派な門構え。
正面に吊るされた酒林はゆうに直径80センチはある大物。
毎年作ってくださる方がいらっやるそうです。
中に入るとそれはそれでまたびっくり!

画像

画像

生もと造りのための半切り桶。
何故桶でもと摺りをする意味がわかったそうです。
百聞は一見(一作業)に如かず。

画像

画像

画像

画像

蔵見学の後の懇親会です。

画像

画像

3つの蔵を訪問し、亀齢の蔵では利き酒をしていただいた後、待ちに待った?懇親会です。
70名の内、60名の方に参加していただいた西条新酒を楽しむ会の始まりです。
昼から雨足も強くなり、開催が少し遅れましたが、無事に2ヶ所に分かれての懇親会が始まりました。
開催場所は、西条駅近くの白竜湖さんです。

3つの蔵の新酒に加え、利き酒をしていただいたお酒も楽しんでいただきました。

画像

途中から賀茂泉の前垣常務がご来場。
ご参加の皆さんと酒談義に花が咲きました。

画像

亀齢酒造さんで行った新酒の利き酒会。

画像

西条酒蔵見学 一大ツアー

画像

2月11日小雨の降る中、今年の西条酒蔵見学会を開催しました。
西条駅に70名が集合。
森澤班、国森班、波多野班、山田班の4班に分かれて、3つの蔵を回りました。

画像

写真は西条鶴です。
宮地杜氏が蔵内を案内してくれました。

画像

現在西条で唯一現役で働いている「煙突」です。
芸陽地震にも耐えた煙突です。

画像

伊野本支配人の挨拶があり、天保井戸、蒸し米についての話をしていただきました。

画像

西条鶴醸造入り口から蔵へのエントランス。
趣のある通路です。

画像

賀茂泉の蔵。
菰樽を作る場所です。
現在、広島の蔵では蔵内に菰を巻く職人さんがいる蔵は少なくなりました。
昔は4斗仕込みも数多く出荷されましたが、最近では上げ底が多く、本樽での出荷も少なくなっています。

画像

賀茂泉の蔵内。
醸造タンクのある仕込み蔵です。

画像

賀茂泉酒造にある研修室。
蔵見学の方が勉強をする場所でもあります。

この日は時間がなく、前垣常務の話を伺いました。

画像

亀齢酒造の入り口右手にある販売所にある「亀齢」の菰樽です。

画像

亀齢の蔵では、西垣杜氏だけでなく杜氏の右腕として活躍されている若手の方から説明していただきました。

画像

洗瓶の風景です。
これは新瓶ですが1本1本丁寧に洗瓶されています。

相原酒造「うごのつき」斗瓶取り見学

画像

1月14日にうごのつき相原酒造の斗瓶取りを見に行きました。
早朝5時に酒商山田に集合、山田、木下、波多野、国森、天野の5名で伺いました。
午前6時から斗瓶取りを開始。
今回の袋吊りは「PP」と呼ばれるポリプロピレンを用いたものです。
これは釣り糸を編んだもので、通常のカセンや木綿に比べ目が粗いため、写真のように荒い走りのおりが3本位でるようです。
この荒い走りは元のタンクに移しました。
斗瓶と取り始めたところを利き猪口に取ってもらい早速利き酒です。
荒々しいがフレッシュで綺麗な酒です。
斗瓶取りは30分程で終了し、最後に杜氏の敦志さんと記念のショットです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

社長ブログトップへ

▲