酒商山田

社長ブログ

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

社長ブログ

天青 五十嵐杜氏がご来店。

画像

神奈川「天青」の五十嵐杜氏がご来店されました。
既に何度がご来店いただいておりますが、この日もいろいろとお話しを伺いました。
お話しの中で、次の週に東京で「天青」の特約店会があることを知りました。
天青の会の次の日から東京で予定が入っており、1日早く上京して天青の会に初めて参加させていただくことにしました。

夜は急遽、文化研究会のメンバーの方に連絡を取り、7名で中身の濃い懇親をしました。

第13回 小笹屋竹鶴呑切会に参加

画像

第13回小笹屋竹鶴呑切会に参加しました。
毎年の竹鶴呑切会は私のとても楽しみな行事であり、勉強の場でもあります。
社長のお話の後、石川杜氏からの今期の酒造りの説明がありました。
今年の話題は、木桶で仕込む酒!今年はウッドワーク上芝社長にご講演をいただき、木桶についての学びました。

次の利き酒会。
時間は約1時間半ですが、これが大変早く感じる程皆さん集中して利き酒をされます。
今年出荷される竹鶴を利き、選択したお酒をどのように販売するか・・・。
利き酒をしながら考えます。

さて、いよいよ懇親会。
竹鶴の懇親会は、ただの懇親会ではありません。
素材を吟味し、真剣勝負で作られた料理で、どの竹鶴に何が合うかを確かめる場なのです。
今年から更に磨きがかけられた一品一品が並びます。


最後は、広島勢で記念撮影・・・。
この後に離れでの酒談義がつづき、竹原の長く熱い夜が続きます。

「西酒造を囲んで宝山を楽しむ会」に伺いました。

画像

岡山のとり鳥さん主催の「西酒造を囲んで宝山を楽しむ会」に伺いました。
とり鳥さんは、岡山の倉敷駅前で鳥料理専門お店です。
駅から歩いて3分のところにお店があります。
古民家風の入り口から入ると、10畳程の空間があり、壁面にはずらりと本格焼酎が並んでいます。

驚きは、その奥・・・。
何と25メートルの奥座敷があり、その壁面には、何と2500本ほどの本格焼酎が並んでいます。
珍しい焼酎が珍しくものとは思いないほど並んでいます。
ご亭主からお話しは聞いていましたが、行ってみてびっくりです。

さて、楽しむ会は、50名の参加で行なわれましたが、倉敷では蔵元をお招きしての会は珍しいようで、ご参加の方は初めての経験の方が多くいらっしゃいました。
最初は、西酒造様の作成されたDVDで15分間のお勉強をし、その後、有馬工場長から焼酎造りについてのお話しをいただきました。

いよいよ楽しむ会の開始!盛りだくさんのお料理に宝山のフルラインナップの焼酎!

3時間があっという間に過ぎ、皆さんと一緒に楽しいひと時を過ごすことができました。

社長ブログトップへ

▲