酒商山田

社長ブログ

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

社長ブログ

ホリケンさんと小山さん、ご苦労様でした。

画像

堀田健一郎さん(通称ホリケン)、小山裕樹さん(通称コヤマちゃん)が、山田のアルバイトを無事卒業しました。
\(^o^)/1年5ヶ月間、酒商山田の戦力として頑張ってくれました。
このお二人との出会いは、私の息子が縁でした。
息子が高校2年生の時、未来塾という研修に参加したのがきっかけです。
(未来塾は日本商工会議所の山口信夫会頭が名誉塾長、財団法人国際科学振興財団会長の大竹美喜さんが塾長となり、次世代を担う高校生を対象に未来塾という事業をされています。)
その研修でのスタッフのお一人がホリケンさんだったのです。
その後、私共の店でお酒を買いに来られた事が縁となり、当店でのアルバイトをお願いするようになりました。
ホリケン、小山さんは当店の森澤、木下の後輩でもあります。
お二人は広島修道大学の料理研究会の前会長(小山)、前副会長(ホリケン)であり、お酒(日本酒)と料理が大好きです。

この3月、無事大学を卒業され、それぞれ次の目標に向かっての出発です。
ホリケンさんは公認会計士を目指して関西の大学院に、小山さんは地元の金融機関に就職です。
お二人は酒商山田の成績?も特によく、今までのアルバイトの中でもトップクラス。
今後それぞれが選んだ道の中で、活躍してほしいと願っています。
ほんとうにありがとうございました。

     。         。
     .・        .・
     ★         ☆
     ζ         ξ
( ^_^)/▽         ▼\(^_^ )
    ぽむ         ぽむっ

( ^^)/▼☆▽\(^^ )

乾杯!

亀齢酒造 西垣杜氏ご来店。

画像

亀齢酒造の西垣杜氏と森さんがご来店されました。
今年の皆造を終え、ご来店されました。
西垣杜氏の酒造りに対する執念は凄まじいものがあります。
清酒の状況が厳しいなか、西垣杜氏の造る酒は毎年人気が上がりつつあります。
西垣杜氏のお父様は名杜氏と言われた西垣信道杜氏。
昨年お亡くなりになりましたが、私は西垣信道杜氏の酒が好きで香川の悦凱陣の丸尾本店さんとお取引をお願いしました。
既に13年以上も前の事です。
悦凱陣では、西垣信道杜氏と昌弘さんが酒造りをされていましたが、10年前に丸尾本店退職後、親子お二人で亀齢酒造に入られました。
亀齢酒造では6造り信道杜氏が、その後4年前から昌弘さんが杜氏として酒造りをされています。
昌弘さんが実際に指揮を取られたのは6~7年前からですが、とにかく手を抜かない酒造りをされています。
酒造りに入る前は全員頭を丸めてから蔵入りです。
西垣杜氏の酒造りは「一麹、二麹、三麹」。

今年も旨い酒が出来上がって、順次出荷されています。
機会があれば、是非ともご賞味頂きたいと思っています。

悦凱陣 その3 杉を用いた木製甑

画像

木製甑については、3月24日が発売の旬遊VOL.16に書いていますが、現在現役で活躍している蔵はほんとうに少なくなりました。
前回、全前回とこの木製甑に会っていますが、この日もどうにか会えました。
前回よりも少し草臥れたたように見えます。
「よく頑張っていますね。いつまでも現役でいてください。」と心の中で呟きました。

悦凱陣の甑の話は旬遊の「旬遊酒談 甑倒しと皆造」で書いていますので、是非読んで下さいね。

悦凱陣 その2

画像

入り口を入って直ぐに目に付くのがこの「空瓶」。
すべての瓶に「品切れ」が掛かっています。
そうなんです、この時期に火入れの商品は在庫がなく全て(極一部)を除いて全て完売なのです。

当店では現在数種類の悦凱陣を販売中ですが、今年もお酒の確保が大変です。
時期を逸するともう完売になっています。
現在蔵内で直接販売しているものは、上槽したばかりの「讃州雄町山廃純米」と高額商品の「燕石」のみ。
讃州雄町はまもなく完売の予定だそうです。

四国研修香川の巻き

画像

数年ぶり3回目の香川「悦凱陣」丸尾本店への訪問です。
今回は、酒商山田の社内研修を兼ね、お得意先やお客様にお声をかけてのツアーとなりました。
今までで一番人数の多い訪問です。
丸尾社長は多い人数では十分な対応ができないとのお考えがあり、事前に2班に分かれて、丸尾本店訪問と金毘羅さん訪問に分けました。

社長ブログトップへ

▲