酒商山田

社長ブログ

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

社長ブログ

新たなお酒が続々!

2016.07.14 日常

スパークリング日本酒も新たなコンセプトのお酒が続々でてきています。スパークリングワインを連想させるような味わいの日本酒が年間商品として人気です。真ん中にあるのが★DATE SEVEN ~episode2~★宮城県にある7つの蔵「宮寒梅」「勝山」「墨廼江」「伯楽星」「山和」「萩の鶴」「小金澤」でさらなる酒造技術・酒質の向上を目指し結成された『DATE SEVEN(伊達セブン)』。それぞれの蔵元が精米、麹、酒母、上槽などの製造工程を分けて担当し、毎年ひとつの酒を醸すという新しい取組み。2年目の試みは「伯楽星」の新澤醸造店を舞台に、7蔵が力を合わせスパークリング日本酒として完成。スパークリングにした際にもお米の旨味を出すため、精米歩合は55%に、清酒本来のやわらかな甘さを感じられるよう、アルコールは13%で仕上げています。メロンやバナナを思わせる香味と、きめの細かい泡が魅力的な本格的スパークリング日本酒です。

▲