酒商山田

気まぐれ森澤コラム

最新の記事

月別アーカイブ

気まぐれ森澤コラム

◎ 2008 年 5 月

賀茂金秀 辛口夏純

今日、金光酒造の金光さんが夏純のサンプルを持ってご来店されました。
今年のお酒は昨年よりも旨さが強調されています。そのわけは、火入れのタイミングを遅らせたためで、生で熟成させて味乗りのよいところで火入れを
されたとのことでした。杜氏さんの勘所、実力のみせどころです。
すっきりでシャープな感じの夏向けといわれるお酒の多い中、異彩を放っているようにも感じますが、汗をかいてぐったりきた時に、ほのかな甘みで癒されるのもいいかと思います。「辛口」ですから後切れはよいので心配ありません。ひと味違った夏をお楽しみください。

連休終わりに

早いもので連休も終わろうとしています。お休みの締めは昨年漬け込んだ自家製の梅酒にしてみました。梅は南高梅でベースは甲類の10年以上貯蔵に、約3割ほどこれも8年以上貯蔵の自家製梅酒をブレンドして35%の原液をつくりました。すぐに飲んでもまろやか、をイメージしてやってみました。使用した氷砂糖は梅1キロに対して400グラムです。
自分としてはお気に入りなのですが、商品になっているものに比べると負けるかなあ、といった感じです。糖を少なくして意図して甘みは抑えたのですが、もう少しとろっと甘い方がよさそうです。また、酸を強めに感じるので、梅の実を早めに引き上げたのがいいのかなとも思います。寝かせた時の独特のコクはあるのですが、もっと深みがでないかなあと欲をかいてます。
今年もシーズンとなりますので、また違ったやり方でチャレンジしてみます。

連休初日

5月3日、恒例のフラワーフェスティバルの広島県酒造組合のブースへお手伝いに行ってきました。好天でお客様も多く、自分も久しぶりに外の空気を感じて明るい中で働いた気がします。当店のお客様も何人かお見えにり、お酒を購入していただきました。ありがとうございました。        ミニステージでの「広島のお酒きき酒クイズ」のお手伝いもさせてもらいました。3種類のお酒を説明するのに、「これなら簡単だな」と感じたんですが、結果をみると8人のうち全部正解が2人。かなり噛み砕いた話をしたつもりなんですが、伝わらなかったのかなと反省してます。わかりやすくてそのお客様へピンと伝わるコメントは大切ですね。
休日なんですが、森澤はいつもお酒のことを考えております。

気まぐれ森澤コラムトップへ

▲